人の生死に正解、不正解は、ない。

これはごく普通の夫婦が、迷い・不安・葛藤の中で下した大きな決断の話

“米テキサス州オースティンに住むオモボラ・ゴードンさん(25)に体重3316グラムの男の子、オジー君(Ozzie)が誕生したのは2018年10月1日のことだった。オモボラさんは妊娠中に「誕生しても長くは生きられないだろう」と医師に言われたものの、「この子はファイター。絶対に生き抜く」と信じて出産した。オモボラさんが“奇跡の子”と呼ぶオジー君は、もうすぐ1歳4か月を迎える。『The Sun』『Mirror』などが伝えた。


妊娠20週の検診で医師から―「小頭症か無脳症で、頭蓋骨の一部が欠損しており、そこから脳がはみ出ている。脳がきちんと発達していない可能性が高い」―と告げられ中絶を勧められたが、オモボラさんと夫のチェコタさんは「産まれてみないことには分からない。この子の誕生までは命を育もう」と決意し、頑として首を縦には振らなかった。

https://news.livedoor.com/article/detail/17739252/引用”

※オースティン…アメリカ合衆国のテキサス州。

1930年代にコロラド川の開発によって家具や煉瓦、食料品、製油、皮革などの工業が発展した。また、1940年代に軍事産業も成立した。

顕著な発展を支えているのがIT産業であり、産学連携の元、目覚ましい経済成長と人口増加を誇っている。郊外を含め、周辺は丘陵地が多いためシリコンバレーにあやかってシリコンヒルズと名乗っており、サムスン電子が全米最大の拠点としているほか、デル、インテルなどの企業が拠点を置いている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/オースティン_(テキサス州)―wikipediaより

このご夫婦の決断は、決して易いものではなかったということは、間違いない。

ただし、この決断にはきっと賛否両論があるだろう。

「このご夫婦は、きっと素晴らしい決断をした」
「わが子の生命力を信じる気持ちに共感できる」

という意見もあれば一方では、

「産まれてきても、苦しい思いをさせるのはかわいそうではないか。」
「将来のことを考えて、辛いことが目に見えているのに」

等の意見があるのも、頷ける。

人生は選択の連続

人は葛藤の中で最善を選び、選んだものからもまた、選び続ける。

今回はこのご夫婦の実話を例にあげさせていただいているが、

このご夫婦がオジー君を産むことを決断した後も、当然それで終わりではない。

こんな葛藤がやってきて、また道を選んでいくことになる。

“一方で、夫婦はオジー君の死を見通した‟緩和ケア”の準備を進めることに同意し、自宅から1時間離れたセント・ジョン・メディカルセンターの医師と「誕生後にどのようなケアをするか」について話し合いを進めていた。オモボラさんはその時の心境をブログにこう綴っている。

―「安らかに死を迎えさせるために何ができるのか…。そんなことを話していても、私の中では『この子はきっと生きてくれる。闘ってくれる。だって私の子だもの。緩和ケアなんて必要ない』と思っていたの。もちろん不安でいっぱいだったけど、私は『きっと大丈夫』と自分に言い聞かせ、祈るしかなかった。」―

https://news.livedoor.com/article/detail/17739252/引用

このご夫婦は、「産む決断」をするまでにも既に苦しい葛藤があった。

それは、選択の後に待っているものが何なのかを予測していたからだろう。

だからこそ、産んだわが子の先を考え、色々な可能性を加味した上で、

何が最善なのかを考えているのではないだろうか。

数ある選択の中で軸となるものは、
あなたが”何を信じたいのか”

選択の連続で、何が正しいのか?と言うのは、
夫婦の言う通り、「なってみないとわからない」というのが答えではないだろうか?

これは、生死という枠に留まらず、

殆ど全ての物事に当てはまるのではないだろうか。

予測を立てることはできても、

「本当にそうなのか?」ということは、選択が過ぎた後でしか答え合わせができない。

先ほど夫婦の決断に対する意見としてあげた賛否両論も、どちらが100%正しい、ということは、

誰も言い切れないのではないだろうか。

ただしここで伝えたいのは、何が正しくて、何が間違っているのか?ということではく、

人が”何を軸に選択を行っているのか?”

つまり、何を信じて、または何を信じたいと思っているか?で決まって来る。

ということではないだろうか?

その軸というのは、人によっては宗教であったり、

哲学であったり、誰かの教えであったり、伝統であったり、何かの基準となるような物がわかりやすい例だ。

オモボラさんの心境のように、

オジー君の産まれてきた意味や、生命力を信じたからこその

「産む」という選択だったに違いない。

1つの物事に対しての考え方は人それぞれである。

それは何がその人の考えの基準になっているかの違いの様に思う。

その人自身がその物事を目の前にした時にどう捉え、何を信じるかによって、

取る選択や行動が変わるのではないだろうか。

今回は「生死の選択」というケースをご紹介したが、

きっとどんな物事にも色々な見え方がある。

一個の物の見方に固執してしまう人は、きっとこの世の中に息苦しさを感じていることと思う。

あなたは、あなたの周りの世の中を、どのように見、どのように行動していきたいだろうか?

関連記事

  1. 苦しい思いをした人こそ人を助けることのできる人

  2. 依存症とはどのような症状?そのような症状に至る理由は?

  3. 犯罪を犯した人がすべて悪い人間ということではない

  4. ”毒親”による影響と、生きていくということ

  5. 人はどうやってトラウマを乗り越えるのか?

  6. お遍路周り。それは現代社会で失われつつある「繋がり」をもとめるための長…

  7. 自殺の判断はどうされるのか?自殺の現実

  8. 安楽死は楽に死ねるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA